飲み合わせが悪い成分

飲み合わせが悪い成分

亜鉛には飲み合わせが悪い成分と言うものがあります。
これらの成分と一緒に亜鉛を摂取すると、もともと吸収がよくない亜鉛の成分がさらに体内に吸収されにくくなるので注意が必要です。

フィチン酸
大豆に含まれる成分です。亜鉛だけではなく、ミネラル全体と相性が悪いという特徴があります。体外に排出してしまうはたらきがあります。

ポリリン酸

食品添加物であるポリリン酸は、インスタント食品に多く含まれ、かまぼこなどの加工食品の舌触りを良くするために使われています。
この成分も亜鉛と相性が悪いです。


カルシウム
カルシウムは毎日継続して摂取したい成分ですが、亜鉛とは相性が悪いです。同時摂取はせずに、少し時間をずらすなどの工夫が必要です。


鉄も特に貧血傾向のある人には欠かせない成分ですが、亜鉛とは相性が悪いので同時摂取しないようにしましょう。

食物繊維
便秘の解消に欠かせない食物繊維も亜鉛とは相性が悪いと言われています。この成分も体には欠かせない成分ですから、時間をずらすなどの工夫をして摂取するようにしましょう。

葉酸
妊婦さんの体に必要な葉酸の成分も、取りすぎると亜鉛摂取に影響があります。適切な量であれば問題ありません。

体に必要な成分が多いことが特徴としてありますが、これらの成分もその多くが必要な成分です。 工夫して摂取するようにしましょう。

>>「飲み合わせが良い成分」もチェック!!