食事で摂取する場合の注意点

食事で摂取する場合の注意点

「亜鉛はキレート加工が得られるビタミンCと一緒に摂取しましょう!」とお話しましたが、この効果が半減してしまうことがあります。それはビタミンCが壊れる調理方法をしている場合です。では詳しくそのことについて解説していきましょう。
ビタミンCと亜鉛を食事にて組み合わせる場合は、ビタミンCの性質を理解し補給しなければなりません。まずビタミンCは水に溶け出しやすい性質を持っています。サラダを利用する際も洗いすぎには注意が必要で、長時間水にさらすことは避けてください。野菜サラダは水にさらしたほうがシャキッとした食感は味わえますが、食べる前にさっと水に付ける程度にしましょう。そしてビタミンCは熱に弱い性質を持っています。煮込み料理では汁に溶け出しやすく、長時間の加熱でビタミンCが壊れます。長時間の加熱よりサッと炒めるほうが損失は少なくなります。
では、具体的に亜鉛とビタミンCを効率よく摂取する調理法について解説していきます。ビタミンCは熱に弱いためサラダとして利用しながらお肉や魚介類はトッピングとして利用しましょう。更にアーモンドのスライスを加えると補給しやすくなります。また、熱に強いジャガイモのビタミンCを上手く活用する方法もあります。ジャガイモと牛肉の炒め料理などはどうでしょうか。